▶ QOL向上を目指す専門職間連携教育用教材

センター長挨拶

新潟連携教育研究センターのご紹介

2017年4月より、新潟医療福祉大学において新潟連携教育研究センター(NIIGATA RECIPE:Niigata Research Center for Interprofessional Education)がオープンいたしました。本学の理念である優れたQOLサポーターを育成するために、保健医療福祉スポーツ分野の多様な学科編成を生かした連携教育を実践しています。国内や、海外の大学とも連携し、本学にない医学部や薬学部、歯学部の学生・教員の参加や、フィリピン、ベトナム、台湾などアジアの大学からも参加があり、国際色も豊かです。

また、連携教育をさらに学びたい学生のために大学院においても専門職連携教育や実践的な連携協働に関する研究コースを設置し、将来、連携教育や協働を実践できる人材を育成します。

新潟連携教育研究センター
センター長 松井由美子